水虫でかゆくて仕方がない足

日本では梅雨の季節があり、梅雨時の暑い日には水虫に悩んでいる人にとっては靴の中が蒸してかゆくてどうしようもない季節です。水虫治療をしてもなかなか治らずにそのそまま我慢している人も多いと思います。そんな人達のために水虫対策を紹介します。

水虫にならないためには何をしたらいい?

水虫の治療薬について
▲水虫の原因を知ってから治療を始めましょう!

水虫が大好きなものは湿気です。そして清潔さが水虫は大嫌いであるため、除菌シートなども嫌いであると言われています。水虫にならないためには、どのような対策をしたら良いのか、を皮膚科の先生がアドバイスをテレビや実際の医療機関でお話ししてくれることがありますが、まず色々なポイントがあります。その一つとして、とにかく足裏など、足をこまめに洗うことです。これは冬場でも可能な限り行うことが必要である、とされています。水虫は湿気や密閉された汚い空間などが大好きな菌であるため、冬場の場合には、梅雨などや夏場に比べると水虫が発生することは少ないものなのですが、女性が好んではくブーツは、「湿気」「密閉された空間」という、水虫の大好物の住み心地となってしまっているため、冬場でも、しっかりと足をこまめに洗うことが必須、と言われています。そして二つ目のポイントとしては、夏場と梅雨は特に、靴下やストッキングをこまめに変えること、これが必要だとされています。靴下やストッキングはどうしても密閉された空間であると同時に、仕事などで歩き回っていると、汗をどうしてもかいてしまうため、どうしても中は、汚い空間になってしまいます。つまり、雑菌だらけの空間になってしまうため、水虫には嬉しい環境になることから、出かける時などには、履き替えるためのストッキングや靴下を、用意しておくと、悪化させる確率が低くなります。そして、最後のポイントとしては、靴は可能な限り、1日置きに必ずかえて、交代してはくことです。交代してはくこと、または3つほど靴を用意し、一度はいた靴は必ず洗濯を行い、よく乾燥させること、このようにしっかりと清潔な綺麗な靴を交互に履いていれば、雑菌、水虫が発生する確率は低くなると言われています。もしそれでも水虫になってしまった場合はラミシールで治しましょう。
■もし水虫に罹患したら…こんな治療薬もあります
フロリードDクリーム