水虫でかゆくて仕方がない足

日本では梅雨の季節があり、梅雨時の暑い日には水虫に悩んでいる人にとっては靴の中が蒸してかゆくてどうしようもない季節です。水虫治療をしてもなかなか治らずにそのそまま我慢している人も多いと思います。そんな人達のために水虫対策を紹介します。

水虫と通勤と治療費の金額

水虫は、塗り薬などが、市販でも販売されています。

そのような市販薬でも、症状が軽い場合には治すことが出来ますが、市販薬の場合には当然ですが、お医者さんが出してくれる物よりも効き目はあるものの、値段が少し高く、また量も少ないことが難点であるとされています。

ただ、通勤途中などに、どうしても足裏などが痒くて仕方がない時などには、とても助かるものであると同時に、なかなか皮膚科に行けない人にとっては、とても助かる物となっています。

この、水虫の治療費についてですが、おおよそ、皮膚科の先生に診察をしてもらう金額が1500円前後となっています。

その場で、水虫の薬と合わせて会計をしてくれる皮膚科もありますが、多くの皮膚科の場合には、薬局に行って、処方箋をもらってきてください、というケースが多いとされています。

その際には、おおよそ1000円前後の水虫の治療費が1度にかかります。

ただ、これは、水虫の進行度合いによっても、出される薬などが異なってきます。

かゆみなどがあまりなく、まだまだ症状が酷くないケースでは、かゆみ止めなども処方されないため、もっと安い金額の治療費となることもあります。

しかし、逆に、放って置いたなど、またはなかなか対策を行えなかった場合など、他にも、悪臭が漂うような状態、またひび割れなどが出来てしまっている場合などには、強い水虫を殺菌する薬が処方される他、かゆみ止めなども処方されるため、1500円から2000円ほど、治療費がかかるケースもあります。

これらは、その人の水虫の進行状況や、体に痒みを酷く感じるかどうかなどの、個人差が大きいため、一概には言えませんが、おおよそこのくらいの治療費用がかかるとされています。