水虫でかゆくて仕方がない足

日本では梅雨の季節があり、梅雨時の暑い日には水虫に悩んでいる人にとっては靴の中が蒸してかゆくてどうしようもない季節です。水虫治療をしてもなかなか治らずにそのそまま我慢している人も多いと思います。そんな人達のために水虫対策を紹介します。

水虫と立ち仕事と効能の関係

水虫を早く治癒するためには、とても細かな手入れを足裏に行うことが必要、必須であると医師からは説明がされます。

皮膚科の医師の場合、このような悪化した水虫に対しても、とても丁寧にどのように対応したら良いのかをアドバイスしてくれますが、それほど水虫で病院を訪れる患者さんが多いということです。

立ち仕事の場合には、特に水虫が好む汗、密封された空間、とめどなく流れる汗などからより湿気の多い空間が保たれるため、立ち仕事の方が、座って行える仕事よりも、さらに水虫にとっては良い環境となっています。

そのため、水虫を殺すクリームなどの効能が、なかなか効きづらい反面があります。

もちろん、こまめに足裏を綺麗に消毒、殺菌、石鹸などで丁寧に洗っていれば、薬はとてもよく効能を発揮してくれますが、立ち仕事の場合には、休む暇もなく働く場面が多いため、なかなか難しいところです。

このような場合、まず、休憩時間など時間が出来た場合には、除菌シートなどを使って、とにかくこまめに足裏を綺麗にすることです。

また同時に、着用していた靴下やストッキング類は代えること、これが必要になります。
可能であれば、はいていた靴も、新しい予備のものと交換してはくことで、さらに雑菌を寄せづらくなります。

また、このように休憩時間中に、足裏を綺麗にした後に、クリームをこまめに塗ることで、薬のクリームの効果によって、水虫菌が次第にいなくなることになります。

基本的に、水虫は一度良くなっても、じめじめした湿気などを好むため、油断をすると、またすぐに再発してしまいます。そうならないためには、こまめに消毒、殺菌、石鹸で丁寧に足裏を洗うこと、これらがとても大切になってきます。