水虫でかゆくて仕方がない足

日本では梅雨の季節があり、梅雨時の暑い日には水虫に悩んでいる人にとっては靴の中が蒸してかゆくてどうしようもない季節です。水虫治療をしてもなかなか治らずにそのそまま我慢している人も多いと思います。そんな人達のために水虫対策を紹介します。

水虫と気温の関係性

おおよそ、冬場には水虫による被害というものは、それほど報告されているものではありませんが、4月頃などの春の季節になると、水虫による被害の声は、色々なところで聞かれるようになります。水虫は、気温とも大きく関係性があり、冬場は、リップクリームなどが唇にも必要なほど、またハンドクリームがなければ、手にひび割れが出来てしまうほど、多くの地域で乾燥が激しいものです。ごく一部の地域では、冬場でも湿気などが多い地域がありますが、冬場は一般的には、かなりの乾燥があるため、水虫にとっては、あまり住み心地の良い季節ではありません。水虫が好む条件というものは、湿気などが多く、密接された空間、そして清潔でない場所、これらの条件が必要となってくるため、乾燥というものは、水虫にとっては、面白くない、繁殖しにくい環境であるのです。そのため、冬場にはそれほど水虫によるかゆみなどに悩まされる人もいませんが、特に酷い季節である6月、梅雨などが関係するこの季節には、多くの被害が起こるようになります。それは、梅雨などは乾燥などが起き辛く、逆に、湿った空間が続き、洗濯物が乾きづらいことと同じように、湿気による影響がとても大きな季節であるためです。また、雨も突発的に降り始めるため、靴下などやストッキング、またシューズなども頻繁に濡れてしまうことが多いものです。このような環境になると、水虫にはもってこい、の環境となるため、気温も密度もそして湿度も最適な空間である靴下の中や、ストッキングの中、そして靴の中は、すべての条件が繁殖にとって、最適であるため、被害が大きくなってしまうのです。このように、気温との関係性はとても大きいものであるのです。